第6回環境水質工学シンポジウム

学会発表

第6回環境水質工学シンポジウム(2019年6月22日、岩手大学(岩手県盛岡市))において以下の研究発表が行われます。→終了しました。

ウイルスの集団構造的ゆらぎを組み込んだ疫学モデルの構築
門屋俊祐、西村修、佐野大輔

し尿中ウイルス不活化メカニズムの解明(ポスター発表)
大石若菜、佐野大輔、船水尚行

細胞外薬剤耐性遺伝子の発現に与える遊離塩素の影響(ポスター発表)
小沼千紘、門屋俊祐、モハン アマラシリ、佐野大輔

階層ベイズモデルによる半閉鎖性水域における藻類発生予測(ポスター発表)
八島将太、西村修、今本博臣、佐野大輔

Quantitative microbial risk assessment for users of a decentralized drinking water system(ポスター発表)
Arief Nurul Umam, Mohan Amarasiri, Daisuke Sano

前の投稿
SETAC Europe 29th Annual Meeting
次の投稿
第18回ウイルス学夏の学校「みちのくウイルス塾」にて佐野准教授が招待講演を行います。

関連記事

学会発表

水道研究発表会@函館

水道協会・令和元年度全国会議(水道研究発表会)にて以下の研究発表が行われます。→終了しました。 状態空間モデルを用いたダ…