学術論文
  1. A soft-sensor approach for predicting an indicator virus removal efficiency of a pilot-scale anaerobic membrane bioreactor (AnMBR)
    Syun-suke Kadoya, Yifan Zhu, Rong Chen, Chao Rong, Yu-you Li, Daisuke Sano
    Journal of Water and Health, accepted.
  2. Wastewater-based epidemiological surveillance of SARS-CoV-2 new variants BA.2.86 and offspring JN.1 in South and Southeast Asia
    Dhammika Leshan Wannigama, Mohan Amarasiri, Phatthranit Phattharapornjaroen, Cameron Hurst, Charin Modchang, Sudarat Chadsuthi, Suparinthon Anupong, Kazuhiko Miyanaga, Longzhu Cui, W.K.C.P. Werawatte, Ali Hosseini Rad S. M., Stefan Fernandez, Angkana T. Huang, Porames Vatanaprasan, Thammakorn Saethang, Sirirat Luk-in, Robin James Storer, Puey Ounjai, Naveen Kumar Devanga Ragupathi, Phitsanuruk Kanthawee, Bernadina Cynthia, John Jefferson V. Besa, Asada Leelahavanichkul, Talerngsak Kanjanabuch, Paul G. Higgins, Asuka Nanbo, Anthony Kicic, Andrew C Singer, Tanittha Chatsuwan, Sam Trowsdale, Takashi Furukawa, Kazunari Sei, Daisuke Sano, T Ryan Gregory, Hitoshi Ishikawa, Kenji Shibuya, Aisha Khatib, Shuichi, Parichart Hongsing
    Journal of Travel Medicine, accepted.
  3. Increased fecal shedding in SARS-CoV-2 new variants BA.2.86 and offspring JN.1 compared to other omicron variants
    Dhammika Leshan Wannigama, Mohan Amarasiri, Phatthranit Phattharapornjaroen, Cameron Hurst, Charin Modchang, Sudarat Chadsuthi, Suparinthon Anupong, Kazuhiko Miyanaga, Longzhu Cui, Stefan Fernandez, Angkana T. Huang, Puey Ounjai, Andrew C Singer, Naveen Kumar Devanga Ragupathi, Daisuke Sano, Takashi Furukawa, Kazunari Sei, Asada Leelahavanichkul, Talerngsak Kanjanabuch, Tanittha Chatsuwan, Paul G. Higgins, Asuka Nanbo, Anthony Kicic, Richard Siow, Sam Trowsdale, Parichart Hongsing, Aisha Khatib, Kenji Shibuya, Shuichi Abe, Hitoshi Ishikawa, Pathogen Hunters Research Team
    The Lancet Infectious Diseases, accepted.
  4. Stochastic dual coordinate ascent for learning sign constrained linear predictors
    Yuya Takada, Rikuto Mochida, Miya Nakajima, Syun-suke Kadoya, Daisuke Sano, Tsuyoshi Kato
    IEICE Transactions, accepted.
  5. Pepper mild mottle virus intended for use as a process indicator for drinking water treatment: present forms and quantitative relations to norovirus and rotavirus in surface water
    Takayuki Miura, Syun-suke Kadoya, Yohei Miura, Hiroyuki Takino, Michihiro Akiba, Daisuke Sano, Takahiro Masuda
    Water Research, June 2024, 257, 121713.
  6. Genetic diversity of murine norovirus populations less susceptible to chlorine
    Aken Puti Wanguyun, Wakana Oishi, Andri Rachmadi, Kazuhiko Katayama, Daisuke Sano
    Frontiers in Microbiology, section Virology, April 2024, 15, 1372641.
  7. Multiple pathogen contamination of water, hands, and fomites in rural Nepal and the effect of WaSH interventions
    Sital Uprety, Isaac Ngo, Marika Maggos, Bipin Dangol, Samendra P Sherchan, Joanna Shishler, Mohan Amarasiri, Daisuke Sano, Thanh H Nguyen
    International Journal of Hygiene and Environmental Health, April 2024, 257, 114341.
  8. Multi-target tobit models for completing water quality data
    Yuya Takada, Daisuke Sano, Syun-suke Kadoya, Tsuyoshi Kato
    IPSJ Transactions on Mathematical Modeling and its Application, March 2024, 17(2), 21-29.
  9. Exploring indoor and outdoor dust as a potential tool for detection and monitoring of COVID-19 transmission
    Suparinthon Anupong, Sudarat Chadsuthi, Parichart Hongsing, Cameron Hurst, Phatthranit Phattharapornjaroen, Ali Hosseini Rad S. M., Stefan Fernandez, Angkana T. Huang, Porames Vatanaprasan, Thammakorn Saethang, Sirirat Luk-in, Robin James Storer, Puey Ounjai, Naveen Kumar Devanga Ragupathi, Phitsanuruk Kanthawee, Natharin Ngamwongsatit, Vishnu Nayak Badavath, Wanwara Thuptimdang, Asada Leelahavanichkul, Talerngsak Kanjanabuch, Kazuhiko Miyanaga, Longzhu Cui, Asuka Nanbo, Kenji Shibuya, Rosalyn Kupwiwat, Daisuke Sano, Takashi Furukawa, Kazunari Sei, Paul G. Higgins, Anthony Kicic, Andrew C Singer, Tanittha Chatsuwan, Sam Trowsdale, Shuichi Abe, Hitoshi Ishikawa, Mohan Amarasiri, Charin Modchang, Dhammika Leshan Wannigama
    iScience, March 2024, 27(3), 109043.
  10. Sensitivity evaluation of enveloped and non-enveloped viruses to ethanol using machine learning: a systematic review
    Aken Puti Wanguyun, Wakana Oishi, Daisuke Sano
    Food and Environmental Virology, March 2024, 16(1), 1-13.
解説等
  1. 微生物燃料電池による大気中CO2回収・固定技術開発
    宇田川洋一、吉田愛里、高塚威、小山寛貴、佐野大輔、石崎創
    BE建築設備、2024年4月号、50-54.
招待講演
  1. 下水情報を用いた新型コロナウイルス感染者数の予測
    佐野大輔
    仙台ロータリークラブ例会
    ホテルメトロポリタン仙台
    2024年2月6日
  2. 下水情報徹底活用の実現に向けて
    佐野大輔
    仙管研究会
    江陽グランドホテル
    2024年2月1日
  3. 求められる東北大型PIと、その成立要件
    佐野大輔
    東北大学高度教養教育・学生支援機構「理系PIをめざすための準備プログラム」
    東北大学川内北キャンパス 教育・学生支援センター4階 大会議室
    2024年1月27日
  4. 東北大学・下水情報研究センターが運営する下水ウイルス情報発信サイトの紹介
    佐野大輔
    神奈川県下水疫学研究会
    オンライン
    2024年1月26日
国内学会発表
  1. 室生ダムにおける藍藻類異常発生評価のための水温予測
    下ヶ橋雅樹、三浦耀平、佐野大輔、西村修、今本博臣、浅田安廣、秋葉道宏
    化学工学会第89年会
    大阪公立大学中百舌鳥キャンパス
    2024年3月18-20日
  2. 下水利用による大気からの二酸化炭素回収技術の研究
    宇田川洋一、吉田愛里、高塚威、小山寛貴、佐野大輔、石崎創
    空気調和・衛生工学会東北支部第13回学術・技術報告会
    東北文化学園大学
    2024年3月12日
  3. 複数の機械学習アルゴリズムを用いたアンサンブル学習による新型コロナウイルス感染症流行予測モデルの構築
    飯塚勇仁、大石若菜、佐野大輔
    第58回日本水環境学会年会(2023年度)
    九州大学伊都キャンパス
    2024年3月6-8日
  4. エンベロープウイルス集団の消毒感受性に関する研究
    小山寛貴、大石若菜、佐野大輔
    第58回日本水環境学会年会(2023年度)
    九州大学伊都キャンパス
    2024年3月6-8日
  5. 水耕栽培野菜を汚染する薬剤耐性病原細菌に関する定量的微生物リスク評価
    高山峻、大石若菜、佐野大輔
    第58回日本水環境学会年会(2023年度)
    九州大学伊都キャンパス
    2024年3月6-8日
  6. intI1遺伝子を指標とした都市下水および病院排水中における薬剤耐性菌の存在実態推定
    三澤香穂、山本智也、Amarasiri Mohan、古川隼士、前花祥太郎、佐野大輔、清和成
    第58回日本水環境学会年会(2023年度)
    九州大学伊都キャンパス
    2024年3月6-8日
  7. 連続流れ分析における低濃度アンモニア性窒素分析の検討
    丸尾知佳子、坂巻隆史、佐野大輔、西村修
    第58回日本水環境学会年会(2023年度)
    九州大学伊都キャンパス
    2024年3月6-8日
  8. 微生物学的水質予測のための符号制約付き学習アルゴリズム
    高田裕也、小野晴生、門屋俊祐、佐野大輔、加藤毅
    第16回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2024)
    アクリエひめじ
    2024年3月4-5日
  9. 機械学習によるノロウイルス新規感染者数予測のモデル構築
    林佑樹、飯塚勇仁、佐野大輔
    令和5年度土木学会東北支部技術研究発表会
    岩手大学
    2024年3月2日
  10. 分散型サニテーションシステムにおけるヒト健康リスクと温室効果ガスによる経済的負荷推定のフレームワーク構築
    守安理樹、大石若菜、佐野大輔
    令和5年度土木学会東北支部技術研究発表会
    岩手大学
    2024年3月2日
  11. 細胞間コミュニケーション物質が藍藻類の毒性物質産生に与える影響の解明
    田中翔也、三浦耀平、丸尾知佳子、大石若菜、佐野大輔
    令和5年度土木学会東北支部技術研究発表会
    岩手大学
    2024年3月2日
  12. 水環境の生態系健全性をモニタリングするためのモデルの開発
    脇野辰之進、Jamie Kass、大石若菜、佐野大輔
    令和5年度土木学会東北支部技術研究発表会
    岩手大学
    2024年3月2日
  13. 釜房湖における藻類異常発生予測モデルの構築
    櫻井玲央奈、越川美和音、三浦耀平、深澤恭子、佐野大輔
    令和5年度土木学会東北支部技術研究発表会
    岩手大学
    2024年3月2日
  14. コンクリート製下水管路の腐食診断用遺伝子マーカーの探索
    渡部寛生、大石若菜、水谷大二郎、佐野大輔
    第15回廃棄物資源循環学会東北支部・第11回日本水環境学会東北支部合同研究発表会
    東北大学大学院環境科学研究科
    2024年1月20日
  15. 機械学習モデリングを用いた水中腸管系ウイルスに対する塩素消毒効果予測ソフトセンサーの開発
    鈴木蓮、大石若菜、佐野大輔
    第15回廃棄物資源循環学会東北支部・第11回日本水環境学会東北支部合同研究発表会
    東北大学大学院環境科学研究科
    2024年1月20日