第23回日本水環境学会シンポジウム

学会発表

第23回日本水環境学会シンポジウム(2020年9月9-10日、オンライン開催)において以下の研究発表3件が行われます。→終了しました。

9月9日
若手研究紹介(オルガノ)セッション(発表審査)
水系感染症ウイルスの集団内遺伝的多様性がもたらす塩素感受性変化
門屋俊祐、浦山俊一、布浦拓郎、中込治、中込とよ子、北島正章、岡部聡、西村修、佐野大輔

Foto von Zsolt Marton

9 月 10 日(木)午前(9:00~12:30)
水中の健康関連微生物研究委員会セッション:エアロゾル中の病原微生物に関する研究動向
Evaluation of microbial health risks caused by the usage of river water for a decentralized drinking water system
Arief Nurul Umam, Syun-suke Kadoya, Mohan Amarasiri, Daisuke Sano

湿地・沿岸域研究委員会セッション:湿地・沿岸域研究の最前線と亜熱帯・熱帯の水環境
海産珪藻の種間競争に及ぼす栄養塩濃度の影響
丸尾知佳子、佐野大輔、坂巻隆史、西村修

前の投稿
第54回日本水環境学会年会
次の投稿
第57回下水道研究発表会

関連記事

学会発表

第56回下水道研究発表会

第56回下水道研究発表会(2019年8月6-8日、パシフィコ横浜会議センター(神奈川県横浜市))において以下の研究発表が…